よひらひらひら

自分だけの句を日記代わりに。

  花筏

      

        
       🐇    街川を遡る満ち汐花筏


            

故郷の桜の景。
無くなる家を想えば、この句を詠んだ時が甦る。